福岡市早良区の住みやすさは?概要と住環境を解説

住みやすい地域

福岡市早良区の住みやすさは?概要と住環境を解説

これから住まいを探すにあたって、住みやすさは重視したいポイントではないでしょうか。
身近に自然がありながらも、発展した都市があるエリアで住まいをお探しであれば、福岡県早良区がおすすめです。
そこで今回は、福岡市早良区の住みやすさを、概要と住環境を含めながら解説します。

福岡市早良区の住みやすさ①概要

福岡市早良区のあらましは、昭和57年にさかのぼります。
もともと福岡市西区であった地域が早良、城南、西の3区に分かれ、早良区が誕生しました。
早良区の面積は96平方kmで、福岡市7区のなかでもっとも広く、人口は約22万人と福岡市内で4番目に多い区です。
また、区の西部には室見川、南部には脊振山系や田園地帯があり、豊かな自然が身近にあります。
一方、博多湾に面した北部は近代的な街並みが広がっており、自然と都市のバランスが良く住みやすい環境です。
さらに、四季折々の多彩な行事があることも早良区の住みやすさのひとつです。
2月にはシロウオ漁のヤナ掛け、4月は潮干狩り、6月は脇山のお田植え舞など、海や田畑に囲まれた環境ならではの行事も楽しめます。
福岡市では一人ひとりが花や緑を育てる「一人一花運動」に取り組んでおり、早良区も参加しています。
「一人一花パートナー花壇」に登録すると、花苗や園芸用品の購入時に5%割引になる特典などが受けられるのは嬉しいポイントです。
そのほかに、区では花壇をホームページで紹介したり、花に関する広報誌や花に関する体験講座を提供したりして、この取り組みを盛り上げています。
自然や地域の伝統文化を大切にする早良区は、充実した生活を楽しみたい方に適した環境であるといえるでしょう。

福岡市早良区の住みやすさ②住環境

福岡市早良区の住みやすさのひとつに、交通アクセスが良い点が挙げられます。
早良区には空港線と七隈線の2路線の地下鉄が通っており、博多や天神までは10~20分で到着できます。
また、福岡空港には30分でアクセスできるため、飛行機移動が多い方にも便利です。
早良区には、ショッピングに便利なスポットも数多くあります。
九州最大規模のアウトレット「マリノアシティ福岡」では、ファッションや雑貨、インテリアなどの買い物ができます。
また、スーパーマーケットや商店街も充実しているため、食料品や日用品の買い物もしやすいです。
早良区の教育環境が充実している点は、子どものいる世帯にとって魅力となるでしょう。
区内には40園の保育園があり、教育方針に特色を持つ園も多いです。
さらに、インターナショナルスクールやほかの区からの移転があるほどに人気の小学校もあります。
なお、早良区は古くからの文教地区で学力の高さでも知られており、教育に力を入れたいご家庭にとって優れた住環境であるといえます。

まとめ

福岡市早良区は豊かな自然環境と近代的な都市の両方があり、バランスの良い住環境が魅力のエリアです。
四季折々の行事や一人一花運動の取り組みなども早良区の特徴です。
交通アクセスやショッピングにも便利なほか、教育環境も整っており、家族世帯にとっても住みやすい地域といえるでしょう。
福岡市で事業用の不動産売却・買取するならFUKUOKA ASSETS PROJECTにお任せください。
不動産売却・購入など、事業用の物件でお困りなら、FUKUOKA ASSETS PROJECTへご相談ください。


”住みやすい地域”おすすめ記事

  • 福岡市城南区の住みやすさは?概要と住環境を解説の画像

    福岡市城南区の住みやすさは?概要と住環境を解説

    住みやすい地域

  • 福岡市東区は住みやすさでも安心!東区の概要と住環境を解説の画像

    福岡市東区は住みやすさでも安心!東区の概要と住環境を解説

    住みやすい地域

もっと見る