インターネット無料の賃貸物件とは?特徴や注意点を解説

初めての一人暮らし

インターネット無料の賃貸物件とは?特徴や注意点を解説

これから賃貸物件を探そうと思っていて、スマートフォンやパソコンで調べものなどをする方もいるでしょう。
回線使用料が無料の物件もあるので、慎重に物件を探すのが大事です。
本記事では、無料で回線を利用できる物件について解説しています。
注意点も併せてご説明するので、物件探しの参考にしてみてください。

賃貸物件の無料インターネットとは?

インターネットが無料で利用できる賃貸物件は、入居後すぐに回線を利用できる物件です。
物件のオーナーが回線契約を済ませており、入居者は独自に契約する必要がありません。
入居日からネットが利用可能なため、自宅でのネットショッピングなどが便利です。
スマートフォンやパソコンを頻繁に使用し、Wi-Fiの契約を検討している方もいるでしょう。
費用に気を配りたいところですが、部屋まで回線が通っている物件を選ぶことで、毎月の生活費を抑えることができます。
物件を検討する際は、賃料の安さだけでなく、無料で回線が利用できるかも確認しましょう。

賃貸物件のインターネット完備と対応の違い

ネット「完備」や「対応」と記載されている賃貸物件があります。
回線が無料で使える物件との違いがあるので、注意が必要です。
「完備」になっている物件では、部屋まで回線が通っています。
回線契約があらかじめおこなわれており、自分でプロバイダの契約をする必要がありません。
回線使用料は、基本的に無料です。
ネット通販などをする方にとって、大きなメリットがある物件と言えます。
一方で、「対応」となっている物件は、建物の共用部分まで回線が通っています。
部屋まで回線が来ていないという点が、「完備」されているタイプとの違いです。
インターネットを利用するためには工事が必要で、申し込みや工事費、回線使用料は入居者が負担しなければなりません。

賃貸物件にインターネット環境がない場合は工事が必要

インターネット非対応または設備の整っていない物件を選択する場合、自ら回線契約をおこなう必要があります。
建物の共有部分まで回線が整備されている場合、通常はマンションプランで契約をおこないます。
回線が設置されていない場合は、「マンションプラン」または「戸建てプラン」から選択するのが一般的です。
どちらにしても工事が必要であり、開通までには時間がかかります。
ネットが利用可能になるまでには時間と費用がかかります。
手続きを簡略化したい場合は、モバイルルーターの検討も一つの選択肢です。
モバイルルーターが自宅に届けば、その日からネットを利用することができ、かつ工事費用もかかりません。
賃貸物件を検討する際には、ネット環境の有無も考慮に入れながら物件を選択しましょう。

まとめ

インターネット完備と無料の物件は、毎月の回線利用料がかかりません。
ただ、インターネット対応の物件、また利用できない物件については注意が必要です。
ネットを利用する方は、賃料と回線利用料について検討し、予算に合う物件を選択するようにしましょう。
福岡市で事業用の不動産売却・買取するならFUKUOKA ASSETS PROJECTにお任せください。
不動産売却・購入など、事業用の物件でお困りなら、FUKUOKA ASSETS PROJECTへご相談ください。


”初めての一人暮らし”おすすめ記事

  • 独身女性は賃貸物件と家の購入どちらが良い?それぞれのメリットを解説の画像

    独身女性は賃貸物件と家の購入どちらが良い?それぞれのメリットを解説

    初めての一人暮らし

もっと見る